第3回O&M技術セミナーを開催しました!

2019年12月5日(木)、第3回O&M技術セミナーを開催しました。

新エネルギーO&M協議会では、定期的に技術セミナーを開催しています。今回は、「法面からの土砂流出」「雑草対策」「遠隔データの活用」「低圧太陽光発電所の集約化」などを中心に、最新の情報をお伝えしました。

一般社団法人 新エネルギーO&M協議会 常務理事・事務局長 二神 照明

一般社団法人 新エネルギーO&M協議会 運営委員長 恒石 隆顕(株式会社 恒電社 代表取締役)

株式会社 丸八土建 代表取締役 橋本 智弥 氏

丸善薬品産業 株式会社 アグリ事業部 東日本営業部 東京アグリ課 岡﨑 俊輔 氏

株式会社 白崎コーポレーション 太陽光O&M特販営業部 エリアマネージャー 鎌田 弘章 氏

株式会社 エナジービジョン 代表取締役 奥山 恭之 氏

一般社団法人 新エネルギーO&M協議会 専務理事 大門 敏男

質疑応答の様子

一般社団法人 新エネルギーO&M協議会 理事長 池田 真樹(株式会社 横浜環境デザイン 代表取締役)

当研修の感想について、参加者の皆様にいただいたアンケートの回答から、いくつか抜粋してご紹介します。

O&Mの考え方、位置付けを見直すきっかけになった/K様
雑草対策、草の種類毎や時期によって対策を変える必要があることがわかった/N様
集約化構想について、全体像が理解できました/S様
日射計が無い発電所での発電量相対比較、集約化/C様
参考になるお話が聞けました/M様

参加者の皆様のお役に立てれば幸いです。

技術セミナーは、今後も定期的に開催する予定ですので、次回もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。