太陽光発電所のオンサイト(実地)研修(施工店向)

太陽光発電所の点検を担える人材が足りません。
低圧発電所だけでも全国に約60万件あり、適切な点検の必要性が認識されるほどに、深刻な人材不足が懸念されています。
本研修は、実際の発電所で目視点検や電気的点検などのやり方を学び、自信を持ってプロとして点検できるようになることが目的です。

<主な内容>
・点検機器の機能・使い方、組み合わせ(座学)
(定期点検時および基本的な不具合対応時)
・目視点検および電気的点検の実地研修
(定期点検フローおよび不具合発見フロー)
・報告書作成(PVトレシス(太陽光発電所運用管理クラウドサービス)活用を含む)


【開催日程】隔月、第4金曜日

日時 会場

3月27日(金)10:00-17:00

関東研修センター(埼玉県北足立郡伊奈町)
*コロナウイルスの影響を考慮し、中止といたしました。

5月29日(金)10:00-17:00


関西研修センター(滋賀県大津市雄琴)

7月31日(金)10:00-17:00 東北研修センター(宮城県遠田郡)
9月25日(金)10:00-17:00

関西研修センター(滋賀県大津市雄琴)

未定

関東研修センター(埼玉県北足立郡伊奈町)

 

□各回 最少挙行人数5名
□対象:施工店の皆様
□参加費:
 【会員】:30,000円(税別)/1名
 【非会員】:50,000円(税別)/1名
 *参加費用には、昼食代を含みます。交通費・宿泊費は含みません。
 *参加費のお支払い等詳細は別途、お申込者様にご案内申し上げます。

□申込み:
 【会員】:下記会員専用ページよりお申込みください。
   https://c1.members-support.jp/pvom/Entrys/search

   上記会員専用ページログイン後、イベント申込イベント検索・一覧の中から、ご希望の日程を選択の上お申込みください。

 【非会員】:下記非会員専用のフォームよりお申込みください。
   https://forms.gle/Cuw9Qegrb9ctk8V48

□申込期限:各開催日の1週間前とします。

□研修カリキュラム(予定):下記内容は一部変更となる場合があります。

 1.座学
    ① 発電量に影響を与える要因
      設計・施工ミス、故障起因、故障以外、点検時に発見した不具合事例
    ② 点検機器の概要
      個別の機能・使い方
     組み合わせによる活用
     不具合・事故対応のケース
      発見した不具合を特定する点検フロー
      不具合の評価の仕方
      不具合別の発電事業者への提案の仕方
    ③遠隔監視データの活用
      遠隔監視の有用性
      短期的発電傾向の確認方法(アラート管理、日々の確認)
      長期的発電傾向の確認方法(移動平均による解析、相対比較による解析)
    ④実地研修の事前準備、実施時の留意事項
 2.実地研修
    ⑤ストリングごとのパネル故障、断線チェック
      ソラメンテZ
    ⑥不具合ストリングの故障個所特定
      ソラメンテiS
      サーモカメラ
      目視確認(配線、コネクタ)
    ⑦絶縁抵抗・設置抵抗測定
    ⑧目視点検
     目視点検項目に沿って
 3.点検報告書の作成
    ⑨作成上の注意点等
    ⑩PVトレシス(発電所管理用クラウドサービス)での管理

 

 【主催・問い合わせ】
  一般社団法人 新エネルギーO&M協議会(略称“JOMARE”) http://pvom.jp/ info@pvom.jp
  TEL:03-5809-3366  〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-9-3 池原ビル3F