JOMARE 太陽光発電フェンス設置無料相談受付中!
販売等事業者会員 2020.6.18
株式会社ヒカリ 代表取締役社長 秋山 成浩 様

充実した補償制度で営業に役立っています

課題:有償でのO&Mサービスの提供
  • 会社名:株式会社ヒカリ 代表取締役社長 秋山 成浩 様 (https://www.ak-hikari.com/)
  • 入会前の課題:有償でのO&Mサービスの提供
  • 入会の成果:補償制度を有効活用し、有償でのO&M提供実現

O&MやO&M契約のノウハウが全くなかった入会前

ーーー入会経緯を教えてください

秋山:弊社は太陽光発電の販売会社で、土地を購入し、許認可を取り、土地付きの太陽光発電をエンドユーザー様に販売する販売事業を営んでいます。

販売後の太陽光発電で不具合があった場合は、都度無償で対応しながらやっていたのですが、有償サービスへの切り替えを検討していました。

ちょうどその時新エネルギーO&M協議会の研修会に参加させていただきました。

私にO&MやO&M契約のノウハウが全くなかったので、協議会に入ればノウハウも得られるなと思いました。

また協議会がおすすめする補償制度がすごく充実しており、補償制度を利用するためにも入会いたしました。

無償での不具合対応から有償でのO&Mサービス提供を検討

ーーー入会前は具体的にどのような課題がありましたでしょうか

秋山:不具合を都度無償で提供していたので、どう有償化すればいいか、というのが課題でした。

弊社は販売会社で、私一人で営業と統括をやっており、実績としては高圧・低圧合わせて53案件取り扱ってきました。

今までリピーター営業が多く、販売した高圧、低圧含め53案件(約13M)も法人10社、個人3名様限りのお客様にご購入していただいているんです。

ただまだ販売予定の物件が約50案件あり、顧客を広げていく必要があると考えています。

販売していく上で、太陽光発電はメンテナンスしていかないと当初予定していた利回りが期待できないので、やはりO&M契約のセット販売でやっていこうと考えています。

そのためにはO&M契約のノウハウだったり、有償化への切り替え方法の知見を得る必要がありました。

何もわからない状態から、O&M契約をし点検サービスを提供できる状態に

ーーー入会後、どのような成果がでましたか

秋山:O&Mサービスを提供するまでの道筋ができました。

お伝えしたとおり、今まで都度無償で不具合対応をしていたのですが、有償化してお金を得てメンテナンスするためにはきちんと体制を整える必要がありました。

O&Mのノウハウが全くなかったので、どういう点検をするのか、どういった形でメンテナンスをすればいいか全くわからず。。

それが新エネルギーO&M協議会で勉強したことで、お客さんに進められる体制ができつつあります。

できれば年内中に既存のお客様にはO&M契約をしていこうと思っています。

ーーー今後協議会に求めることについてお聞かせください

秋山:特に思いつきません 笑。 実地研修も、卓上の研修もありますし、補償制度も充実していてとても満足しています。

充実した補償制度で、営業面でも有利に

ーーー最後に新エネルギーO&M協議会のどのような点がおすすめか教えてください

秋山:補償制度がとても充実している点です。安くて補償内容も充実しているので、営業する時にもお客様に進めやすく、営業面でも非常に有利になります。

他社よりも安い保険の内容にも関わらず、補償内容は他社と大差がないんですね。

一般の火災保険ではだいたい年額6〜8万円はかかるところ、協議会の保険であれば2万円内で収まるぐらい。この差は大きいです。

投資目的の太陽光発電のお客様はやはり利回りで購入されています。

保険料は支出にあたりますから、保険料が抑えられるというのは、太陽光発電の発電量が増えるのと同じ意味合いになるんです。

非常にありがたい制度ですね。

今すぐ新エネルギーO&M協議会に
入会する

入会を申し込む

今すぐ使えるお役立ち資料を
ダウンロードする

お役立ち資料をダウンロード

その他の事例

他の事例を見る